人によって変えるべき?一番いい方法を知りたい!

変えない効果と変える効果とは?

社員教育は全ての社員に行う効果と、教育内容によって一部の人のみに変えて行う効果があります。全ての社員に同じ社員教育を行う効果は、同じ知識を共有しあう事によって、お互いの絆を高める事が出来ます。人によって一部の人のみに変えて行う社員教育は、特別な人材として認識してもう事が可能であり、人材の士気と責任感を高める効果を期待する事が出来ます。
中には、同じ社員教育を、複数の人に分けて行う場合もあります。少人数で行う事によって、各々が発言しやすい環境作りを整える事が出来ます。ただし、中には控え目で発言を控える人もいます。積極的に発言できる様に、質問事項を予め研修内に取り入れておく事も大切です。行動力のある能動的な精神を養って行く効果も期待出来ます。

結局!何が一番良い方法なの?

どの様なスタイルの社員教育が最も良いのかは、一概には言えません。求める目的と、求める効果に違いが現れるためです。新人の社員教育は、新人のみで行う場合と、社員全員で行う社員教育を両方取り入れる方が望ましい場合もあります。新人の社員教育に対して、ベテランの社員を教育させるには、無駄な時間と費用が発生するかもしれません。ただし、ベテラン社員と一緒に行う事によって、新人の人達に仲間意識と仕事に対する意識を高める事が出来ます。
企業によっては、全ての社員を一度に社員教育に投じる事が出来ない場合もあります。事業に支障を来してしまうかもしれないためです。社員教育に投じる費用の問題もあります。一番いい方法は、求める目的に対する優先順位を決めて、最も効率の良い社員教育を見い出して行く事が大切です。

© Copyright Education Support.All Rights Reserved.